台湾で国際結婚・ビジネス・生活にチャレンジ!
台湾チャレンジ
台湾ライフ

台湾のコワイ結婚式のお話

oldtakasu

ニーハオ!

台北人/Taipeijinです。

台北在住20年超えで自分で車を運転してあちこち行くのが大好きす。♡

普通は結婚式はおめでたいのですが、これから書く結婚式は全然おめでたく無い結婚式です。

台湾のディープな風習のお話です。

旧暦の7月は台湾では鬼月と呼ばれます。日本でいうとお盆みたいな感じですね。

そういう季節にぴったりな?お話をご紹介したいと思います。

お年玉の赤い袋

acworksさんによる写真ACからの写真

もし赤い封筒が落ちていたら?

台湾で、もし道ばたにお金が落ちていたら、あなたならどうしますか?

しかも台湾のお年玉の赤い封筒です。

中にはきっとお金が入っていますよね?

その確率は高いのではないかと思います。

拾いますか?

それとも無視しますか?

拾って警察に届ける良心的な方もあると思います。

台湾でのお祝いを包む封筒の紅包は、お正月のお年玉や結婚式のお祝いを包むものです。

紅包(ほんばお)と言います。

紅包を見ると、台湾人は子供の頃から、紅包=お金。という図式になっています。

ですから、もし道路に落ちていたら拾う人もいるかもしれません。

でも、ちょっと待って!

その紅包、拾ったら大変な事になるかもしれません。

それは冥婚のお金かもしれないからです。

冥婚とは?

冥婚とは、二種類あります。

一つは、もともと婚約していた女性が亡くなった場合、婚約者と死後に結婚式をすることです。

もちろん戸籍には入りませんが。

こちらは男性側も同意の元に行われます。

もう一つは、若い女性が亡くなった場合、未婚で亡くなって可哀相。ということで、女性側の親や親戚が、紅包を道端に捨てて、囮として、拾った男性を結婚相手に無理矢理することです。

逃げようと思っても、物陰から監視している家族、親戚に取り押さえられて、捕まえられます。

お嫁さんはいない

そして、死者との結婚式をとりおこなわれます。

実際のお嫁さんはいないわけです。

戸籍には入りませんが、気持ちの良いモノではありませんね。

道端にお金が落ちていたら、単に落し物の場合もありますが、拾ったら、もしかしたら面倒な事になるかもしれません。

冥婚の理由で道に紅包を撒き餌?あるいは、囮?で置いてあるかもしれません。

ちなみに、男性側が亡くなっての冥婚は無いようです。

この風習は中国でもあるそうです。

中華圏では、万が一の場合がありますので、紅包が落ちていたら男性は注意ですよ!

女性の場合は拾った場合、どうなるのか定かではありませんが、釣り餌のお金ですから、取り返しに家族が来られるかもしれませんね。

以前ネットで読んだニュースで奥様が4人いて、リアル妻以外は冥婚の奥様が三人いる方があるそうです。

女性の縁が多過ぎ!と、書いてありました。

台湾で道に落ちているお金を見つけたら、それでもあなたは拾いますか?

男性には恐い台湾の風習でした。

あわせて読みたい
台湾の結婚式に100回行ったTaipeijinが語る披露宴マナー台湾の結婚式のマナーと日本の結婚式のマナーは違うところがあります。お祝い金や風習などを台湾の結婚式に100回以上参加したTaipeijinが解説します。...
あわせて読みたい
台湾人女性と日本人女性の結婚の幸福度はどちらが高い?台湾人女性と日本人女性のどちらが幸福?先に結論を言うと台湾人女性の方が幸福!と思えます。二国間の生活様式から結婚生活を比較してみます。...

いつもご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。下の写真をクリックして頂きますと、台湾で人気のブロガーさんのブログがご覧になれます♡

ABOUT ME
taipeijin
taipeijin
台湾人と国際結婚して台北市在住。台湾での生活で日々チャレンジしたことをテーマにしています。台湾を車で爆走中!