台湾で国際結婚・ビジネス・生活にチャレンジ!
台湾チャレンジ
台湾ビジネス

台湾出国時に大金は没収される?

ニーハオ!
Taipeijinです。

台湾から大金を持って出国すると没収される⁈ちょっと衝撃的なタイトルですが、台湾と日本の出国時におけるマメ知識をご紹介したいと思います。

ビジネスなどで日本と台湾の間を大金を持って移動する時は注意することがあります。

大金は没収される?

台湾から日本に行く時にアメリカドルで1万ドル以上の現金を申告せずに持っていると没収される恐れがあります。

日本円で言うと約1,000,000円になりますね。レートの関係によって前後しますが。

日本円で100万円以上持っている場合、また台湾元で10万元以上の現金を出国の時、台湾国外に持ち出す場合も申告をしなければなりません。

申請といってもとても簡単なことです。
もしあなたが100万円以上の現金を持って日本に行く場合はぜひ申告することをお勧めします。
100万円以下の場合は申告はいりません。

今回はTaipeijin は日本での色々な支払いの為に、日本円で100万円を超えていたので、台湾の空港で、出国前に申告してみることにしました。

申告は簡単

私は今回は桃園空港の第一ターミナルから日本の関西空港に行きました。

桃園空港第一ターミナルの航空会社で航空券から搭乗券の手続きをするカウンターの後方通路の方に台湾銀行があります。

その横にひっそりと税関があります。
とても地味な感じです。笑。

そこに置いてある所定の用紙をもらい必要事項を記入すれば良いだけです。
申告は簡単ですよ。

一番下のところにお金の出どころを書く欄があります。
Taipeijinは書き忘れて提出したら、ここも記入してください。と、書類を戻されました。苦笑。

記入した後は係りの人に書類を渡すと奥のほうに入っていき、印鑑を押してコピーしたものを渡されます。

これで、手続きは完了です。
また無料です。

「これはいつ使うのですか?」と係りの方に尋ねましたら、手荷物のエックス線検査などで問題があった時と言うことでした。

機内預けも、機内持ち込み荷物もエックス線検査の時に大量の札束はわかってしまうらしいです。

そんな時に申請書を持っていれば安心です。

荷物検査の時にもし大金の現金を持っていることがわかったら、この申告書類がないとアメリカドル1万ドル以上の分は没収されてしまうそうです。

申告しないで没収された人も!

旅行会社の添乗員さんが申告していなくて、お客様のお金などを没収された例もありますよ!
恐いですね。

もしビジネスなどで、大金を運ぶ場合は忘れずに申告するようにしましょう。

日本に到着したら、免税ではなくて課税の方に進むようです。
私は日本到着後はそこまでの大金ではなかったので、よく分からず免税の方から出てしまいました。
でも特に問題はありませんでした。
皆様はほとんどの方が緑色の免税の方から出て行くのに、一人だけ課税の赤い方に行く勇気がなかったのもあります。(小心者)

友達に聞いたら、友達は逆に日本から台湾に行く時にたくさんお金を運ぶ際、申告用紙を書き台湾へ。
日本の税関は荷物検査を終えてすぐのところにあります。
免税店で買い物をした時にくれる免税書類を係の方に渡すところですね。
パスポートにホッチキスで留めてある、あの紙を渡すところです。
そこで、申告用紙に記入するそうです。
台湾でも日本でも別に課税されたり、追加手数料を取られることはありません。

台湾に到着後、「海關」のところにに申告書を出したらそのまま別室に連れて行かれて、お金を数えられたそうです。
ちょっと心配するかもしれませんが、大丈夫です。
ただ確認されるだけです。
それで、申告金額と合っていて、お金の使途などに問題がなければ全然大丈夫だったそうです。
それで、無罪放免になります。

その他の外貨、証券、ゴールドなども規制がありますので、詳しくはこちらをご確認下さい。

マネーロンダリング防止の為に申告しなければならないようです。
持参金を何に使うのかがわかれば問題ないそうです。
課税されることもありませんから、ご安心ください。

日本でも台湾でも、他の国でも大金の現金を持参する時は、申告するのを忘れないように気をつけましょう!

ちょっしたひと手間で、あなたの大切なお金が減らないことを祈ります!

皆様お気をつけて楽しい旅をしましょうね!

ABOUT ME
taipeijin
taipeijin
台湾人と国際結婚して台北市在住。台湾での生活で日々チャレンジしたことをテーマにしています。台湾を車で爆走中!